役員会報告

京都府板ブランドの燈籠の制作状況

京都府板金工業組合 前副理事長 桶本忠弘様の監修による京都府板金工業組合ブランドの燈籠の製作を技能士会を中心に、
技術継承の一環として、行っております。
現在のところ、約25名の参加を頂いております。
一年間で、燈籠一基のの完成を目指しております。
開催日は不定期でありますが、技能士会より開催日の日程は随時ご連絡させていただきます。
講習会の場所は、京都府立京都高等技術専門校です。




京都府板ブランドの茶筒の制作状況

京都府板金工業組合 前副理事長 桶本忠弘様の監修の元、京都府板金工業組合ブランドの茶筒の制作講習会を行っております。
開催日は不定期でありますが、燈籠制作と同時進行にて行っております。



最近の行事報告

競技大会講習会
平成30年10月20日(土)
京都府京都高等技術専門校

全国建築板金競技大会の課題の講習会を行いました。





AED救命講習会
平成30年10月6日(土)
京都府京都高等技術専門校

AEDの救命講習会を消防署のご協力を頂きまして、開催いたしました。



銅板教室
平成30年9月2日(日)
イオンモール高の原

イオンモール高の原に於いて、小学生を対象に銅板レリーフと表札の講習会を開催いたしました。



技能講習会
平成30年6月30日(土)・7月1日(日)・7月7日(土)
京都府京都高等技術専門校

組合の主催で技能講習会を行いました。
今回の講習より、組合備品として新たに購入した、プロジェクター、パワーポインターを用いました。



京都府板金工業組合創立80周年・青年部設立40周年記念式典及び第48回通常総会
平成30年5月27日(日)
京都タワーホテル

昭和13年10月に「京都府樋工業組合」の名称を持って創立された当組合も、80周年を迎えました。
又、青年部も設立40周年を迎え、この度、合同記念式典を執り行いました。
来賓の方々、各商社様や所属組合員・青年部員、従業員に家族を含め総勢200名の方に参加頂きました。
関係者の親睦を深める記念式典を開催できました事、理事長を始めまして、役員一同、感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

式典に先立ち、京都府板金工業組合の第48回通常総会も行われ、
第1号議案:平成29年度事業報告並びに収支決算報告及び余剰金処理案に関する承認の件他
第2号議案:平成30年事業計画案並びに収支予算(案)承認の件他
第3号議案:平成30年度における借入金限度額(案)承認の件
第4号議案:その他
以上が慎重審理の上、全議案が可決承認されました。








第70回全国板金業者宮城大会
平成30年5月16日(水)・17日(木)・18日(金)
宮城県仙台市他

5月16日、各々車乗り合わせで午前8時過ぎに大阪国際空港に総勢26名が集合。飛行機にて、仙台国際空港へ。
観光バスにて、日本三景の松島へ。昼食を取り、五大堂を散策。松島港より遊覧船で湾内遊覧。その後、仙台市内の宿舎へ。
5月17日、朝食後、全板大会の会場「夢メッセみやぎ」に。展示ブース見学、大会への参加、お土産購入後、バス移動。
ニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所を見学。作並温泉郷の岩松旅館へ。夜は懇親宴会。
5月17日、旅館で朝食後、バスにて石巻の震災被害地域を回り、牛タン御膳で昼食。
仙台城・資料館を見学後、仙台国際空港から大阪国際空港へ。到着後、解団式の後、各々解散となりました。




銅板講習会
平成30年3月25日(土)
京都府福知山高等技術専門校

京都府板金工業組合では毎年3月に福知山高等技術専門校に於いて、銅板講習会を行っております。
今回の課題は、京都府板ブランドの茶筒とフラワーアレンジメント用の簡易花台。
一般の参加者向けには、銅板レリーフと表札でした。
レリーフの体験には、今までの最高齢91歳の方がお越しになり、素晴らしい作品を製作されました。
記念に作品と共に撮影させていただきまして、許可を頂きましたので、掲載させていただきます。
今後も多くの方の参加を、京都府板金工業組合のスタッフ一同、お待ちいたしております。