京都府板金工業組合(京都府板)は京都府下で唯一の板金業者の専門業者組合であり、47都道府県を網羅する組織力を持つ上部団体を有している事から、組合加入により主に下記のようなメリットを得ることが出来ます。

ぜひ当組合へのご加入・活動へのご参加をお願いいたします。

1)組合独自の保証制度・保険へ加入可能

所得に関係なく一律の保険料となる全国板金業国民健康保険に加入できます。また、仕事上の過失による事故や作業工具の落下などによる器物を破損させたりした際の第三者賠償保障保険(イージー賠償保険)、労災保険、雇用保険、休業給付金が一日から出る府板共済などにも加入できます。

2)京都府板金高等職業訓練校へ入校可能

事業主だけでなく従業員の方の京都府板金工業組合が運営している京都府板金高等職業訓練校入校が可能となります。

訓練校では製図・実技を含む建築板金の基礎を学ぶことで建築板金を業としていく上で必要な技術を習得する事が出来ます。

講師は現場にて活動している現役の技能士の国家資格を持つ1級技能士であり、マンツーマンの訓練課程できめ細やかな指導を受ける事が出来ます。また、2年間の訓練終了にて2級技能検定学科試験の免除を受ける事が出来ます。

3)業界情報共有・各種特別教育講習・技術講習会参加可能

京都府板金技能士会とも連携して開催する建築板金業に関係する特別教育講習などに参加する事が出来ます。また、京都府板金工業組合の指定商社や中小企業団体中央会、職業能力開発協会など関係団体との連携による業界情報などの提供を受ける事が出来ます。
近年では建築板金に関する法規制に伴う講習会の開催など同一業種ならではの情報提供・講習会開催を行っております。

4)共同購入ほか組合事業に参加可能

厚生事業である1日旅行などの組合レクリエーションや随時実施される建築資材の協同購入などの事業に参加する事が出来ます。

フルハーネス型墜落防止用器具の共同購入なども取り扱っておりました。